保湿化粧水はセラミド配合のものを選びましょう

保湿化粧水は、お肌の乾燥を防ぐことと、カサカサのお肌を改善するためのスキンケア化粧品。
お肌の内部をうるおいでいっぱいにして、その潤いを逃さないようにするのが目的です。

 

保湿化粧水を選ぶ時にぜひ注目してもらいたい成分があります。
それは「セラミド」です。

 

セラミドは人の肌にもともと存在する天然の保湿成分です。

 

お肌を守り、肌に欠かせない成分「セラミド」がたっぷりあるお肌は、
角質層がうるおいで満たされています。
うるおいがしっかり行き届いたお肌は、紫外線やホコリなどの外からの刺激をはね返し、
肌から水分が逃げないとっても健康なお肌になっています。

 

でもセラミドは30代になるとお肌から減りはじめるのです。

 

セラミドが減ってくると、お肌はスカスカ状態になってきます。
その隙間に外からの刺激が入りこみ、乾燥がどんどん進んで、
シミなどの肌トラブルが起こるようになります。

 

30歳を過ぎて、シミ、くすみなど、年齢肌に悩むようになったら、
保湿化粧水はセラミド配合のものを選ぶようにしましょう。

 

参考までに、セラミド配合の保湿化粧水で口コミランキング上位3位までの商品をあげてみますね。

 

◆小林製薬の「hifmid」(ヒト型セラミド配合。3240円)、
◆メディプラスオーダーズの「メディプラスゲル」
(セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミンC、プラセンタ配合。3885円)、
◆リバテープ製薬の「リマーユ プラセラ原液」(セラミド、プラセンタ配合。2700円)などです。

 

どれも「プチプラ」とは言えないお値段なので
トライアルセットがあればお試ししてから、お気に入りの1本を選ぶようにしましょう。